潜在意識で恋愛成就

♡掴まず、手放す。あるいは、許す

こんにちは、めぐるです。

潜在意識の法則「そう思うから、そうなる」を恋愛にあてはめると

「彼とラブラブと思うから、彼とラブラブになる」。
思いを決める。あとは、普通に過ごす。

ほめ♡レンでは、もうお馴染み、耳タコレベルですよね。

でも、どうしても、現実が気になります。

という人はめちゃくちゃたくさんいます。

彼とラブラブという「思い」より、彼が冷たい、彼が素っ気ないなど「現実」の方がリアリティがあって優位になる

これって、

彼に音信不通にされて、冷たいと感じた
彼に新しい彼女ができて、絶望的だと思った

その現実の方をぎゅっと握りしめて手放さない状態とも言えます。
見方を変えれば、「どうでもいいもの」とは思えない。
だから手放せないことになりますよね。

「どうでもいいと思えるわけないじゃん。彼と復縁したくて、彼のことなんだから」

と思うかもしれませんが、ここが大きな勘違いの一つなんですよね。

彼は、どうでもよくない。現実が、どうでもいい

彼のことをどうでもいいと思えって言ってるわけじゃないんですよ。
ほめ♡レンでも、彼のことをどうでもいいと思えないからこそ、復縁したいと思うからこそ、先の先の「思い」を決めてねってずっと言い続けてるわけですから。

でも、現実は、どうでもいい。

だって、その現実って、

彼に音信不通にされて、冷たいと感じた
彼に新しい彼女ができて、絶望的だと思った

この時点で自分にとって不都合ですよね?
不都合なことをいつまでも握りしめてるのって本末転倒ですよね?
そのどうでもいいことに時間を取られるヒマがあるなら、「彼とラブラブで幸せな私」という思いの方にい続ける方が、どう考えてもいいと思うわけです。

違う言い方をすれば、その現実を握りしめているということは、
その現実は重要度が高い
と思っていることになります。

彼に音信不通にされて、冷たいと感じた
彼に新しい彼女ができて、絶望的だと思った

こんなものが重要度が高いなんて、ちょっとへんじゃないですか?

でも、握りしめて手放さないということは、
すごい重要だと思ってるから手放せないんです。

どうでもいいものなんだから、手放しちゃえばいいんですよ。

手放せないなら、「許す」をする

そうは言っても、手放せない。
頭ではわかっているけど、手放せない。

そんな人は、「許す」をしてみるのです。

・手放せなくていいよ
・手放したくないと思っていいよ
・彼に音信不通にされて、冷たいと思っていいよ
・彼に新しい彼女ができて、絶望的だと思っていいよ
・現実を気にしちゃいけないって分かってるのに気にしちゃっていいよ
・こんな現実もういやだ!と思っていいよ
・叶わなすぎて情けないと思っていいよ
・すごい不安になって叶わないと思っていいよ

まあもうなんでもかんでも許していくわけです。

自分のことが許せません。
自分のことが許せなくてもいいよ。

許せないことも、許していく。
すると、どうなるか。

自分がいちばん大切にしたい「彼への思い」に戻りやすくなるんですよね。

「許す」をすると「このままの自分でいい」ことがわかる

彼への思いとは、もちろん、「彼とラブラブで幸せな私」などの在り方です。
そのいちばん大切な在り方が、

彼に音信不通にされて、冷たいと感じた
彼に新しい彼女ができて、絶望的だと思った

という現実のあれこれに覆われるのってもったいないじゃないですか。
だからこそ、

手放せないものは、許す。
許せなくても、許す。

これを繰り返すんです。

「許す」を繰り返すと、許せないものがなくなってきます。
これって、自分を肯定するのと同義です。
「なんだ、このままの自分でよかったのか」という気づきにもなります。

「このままの自分でいい」は
「このままの自分で愛されていい」になり
「このままの自分のまま叶ってよかったんだ」になります。

自分にとって不都合は現実は、どうでもいいものなので、
手放せるなら、とっとと手放す。
手放せないなら、手放せないことを許していく。

やってトクすることはあれど、損することは何一つないですよ^^

下記は、「ありがとう。ごめんなさい。許してください。愛しています」たったそれだけの言葉を使うだけで、誰でも、いますぐ、簡単にあらゆる問題が解決できる奇跡の秘法「ホ・オポノポノ」を記した本です。4つを唱えるだけでいつでもできる点がおすすめ^^

(Visited 875 times, 14 visits today)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA