潜在意識で恋愛成就

♡「決める」―めぐるの場合(ミラクルな実践編)―

恋愛成就したいすべての人へ❤
『潜在意識で片想い成就』大好評発売中! https://note.com/meguru_home_ren/n/n8e03633d2c9a

1人でも多くの恋が実りますように。
そして、1人でも多くの人がますます人生を楽しく、幸せに生きていけますように。
そんな思いを込めました!

「ほめ♡レン」では

思いが、先。
現実が、あと。

とすでに耳タコぐらい書いてます。

「思いが、先。」の「思い」とは、「意図」とか「決めておく」ってやつです。
 めぐるは、この「意図」や「決める」というのは、恋愛においてはブレッブレな期間が長かったのですが、こと「仕事」に対しては、今、振り返れば、ですが、とんでもない「決め方」をし続けてきて、結果、やたらめったらうまくいってるわけです。

ピンチのときは、果報は寝て待て

めぐるは編集関係の仕事をしてるのですが、一例を挙げると

●フリーになってから営業したことがただの一度もない
●著名人の仕事が多い(その業界の人気モノやトップにあたる機会が多い)
●各出版社の中で最もエース級の編集者との仕事がほぼぜんぶ
●海外の仕事っていいな、と思ったら、ニューヨークやパリでの仕事が入る
(このへんは、ぜんぶ、明確に意図したことすらありません←自分の感覚ですがw)

フリーになりたてでいったん仕事がフルリセットされたときも、めぐるのしたことと言えば、

寝てただけww

「1か月は存分に寝てみよう。その間にどうにかなるだろう」と本気で思っていたのです!
 まじで昼夜問わず寝ていたか起きても韓流ドラマを嬉々として見ているだけでしたが、ある日、1本の電話があり、それがめちゃくちゃミラクルな話でほんとにどうにかなって今に至ります。

 この話は、当然ながら恋愛にも応用できるので、ピンときた方はエッセンスを丸ごと抜き取っていかしてください!
 ちなみに、めぐるが編集関係の仕事をしようと「決めた」のは、中学2年生のときですww

「本を作る人になる」ことは、決まっていた

 めぐるが編集関係の仕事をしようと決めたのは、当時の先生に、「作文がうまい」と褒められたから。
 以上です笑。

幼いめぐるは、いろんなことがどんくさく、幼稚園のときから着替えも遅く、他の子は制服着てるのに1人だけはだかで映ってる写真ばかり(汗)
 母は心配し、あれこれ習いごとに通わせるのですが、その一つで始めた英語も、最後の日に先生に「ボールって書いて」と言われ「boll」と書いたらそっと「o」を「a」に変えてくれた。そのぐらい、もういろんなことがあれだったのですw

そんな中で突如褒められた作文!!

 で、そこで今でも思い出せるぐらいはっっきりと「決めた」のです。

「本を作る仕事するーーーーーーーーーーー」

 いったん「決めた」あとどうしたか。
 そんなことはすっかり忘れ、ふつうに過ごしました。
 本を作る仕事をするために、本を読むこともせず(むしろ読書嫌い)、作文を書き溜めるようなこともせず(読書感想文は嫌いすぎて書けない)、正直、なんもせずに妹とケンカばかりして過ごしました。

 でも、

「本を作る人になる」ことは「決まって」いました。

「わたしは、人間です」と同じレベルの「大前提」でしたね。
 読書嫌いとか、読書感想文が書けないとか、妹とケンカばかりしていたとかで、「だからわたしは本が作れない」に結び付けたことは一切ありません。
 何の焦りもなく、努力もしませんでした(おい。でもホント)

 書いてると、なんかしょーもない人なんですけどw、でもしょうがない。ホントのことだからww

わたしを落とすなんて、見る目がない会社だよね


 で、就活ですよ。
 めぐるの就職活動の時代は、めちゃ落とされる人が多かった年でした。
 めぐるは、出版広告関係に絞って入社試験を受けまくりましたが、例に漏れず、じゃんじゃか落ちまくりました。

 どんだけ落ちたかな。数十社は落ちたんじゃないかな。

 学食では、日に日に就活生の悲壮感が増しています。
「また、落ちちゃった……」という話がそこら中から聞こえてきました。

 めぐるは、このとき、まじで心底驚いたのです。
 なぜか。

「落ちた=悲しい」という発想がめぐるの辞書にはなかったからです。
「落ちたら悲しむものなの?」と内心、びっくりしていたわけです。

 じゃあ、どう思っていたか。

「めぐるを落とすなんて、見る目がない会社だよね」

 と、心の奥の奥の奥から思っていたのです!!!

 つか、ツッコミどころは満載すぎますよ。
 そもそもまだ仕事なんてしたことないのに、根拠がなさすぎる。
「見る目がない会社」って何様すぎるww

 しかし。そう。そうなんです。

この「根拠なさすぎる」ことこそ大切

なんですよ。

「仕事ができる」根拠なんてどうせあとから勝手にできあがる

んですから。 まあそんな感じでめぐるの就活は終わりを迎え、間違って広告代理店に入ってしまうという幕開け(!!)で以後、二転三転するのですが、例えばですけど、

 ある会社を辞めて次を探そうとしているときたまたまバーに入ったら、隣で飲んでいる人がたまたまある有名雑誌の副編集長で、話をしているうちに意気投合。その場で

「あなたの雰囲気、うちの雑誌に合ってるから、合格」

と言われ、明日から働ける状況になったり

なんつーか、こうして文字にしてみると「ありえんよ!!!」ってことがけっこうあるんですよ。

 いろんなミラクルが起きまくるとき、なにしてたかなあと思い返してみたんですが、中学2年のときに決めた

「本を作る仕事するーーーーーーーーーー」

をただ掲げ続けていただけだったんですね。

ざっくり決めて、ふつうに過ごせば、うまくいく!!

 いま、恋愛がうまくいかないと思うときって、

「連絡くるわたし」になって
「ちょっとずつ仲良くなるわたし」になって
「デートの約束できたわたし」になって
「(やっとこさ)つきあえるわたし」になって、
「いろんな話ができてうれしいわたし」になって
「いろんな話ができなくなって寂しいわたし」になって
「なんかうまくいかないわたし」になって、
「別れて、くっついて、すったもんだあるわたし」になって、

みたいに、なんつーか、めっちゃ手前の超細かいところをあれこれ決めようとしちゃうと思うんですけど、
それこそが、ちょっと厳しい言い方をすると、「コントロールしたくてたまらない私」なんですよね。

達人さんがいくらでも言ってることだと思うけど、コントロールしようとすると、コントロールしようとする範疇内のことしか起こりません。
これがどれだけもったいないかは、コントロールを手放して他力になったときじゃないと実感できません。

私は、仕事に関しては、「本を作る仕事する」以外、なんも考えてないけど、ざっくりしてるせいか、あちこちの方向からミラクル的な面白いことが起き続けています^^

コントロールはなかなか手放せないかもしれないけど、「ざっくり決めるだけ」ならできるはずです。

彼と超ラブラブで楽しすぎる毎日を送ってる幸せな私

なら決められますよね。

で、いったん決めたらあとは放っておいて、電話がくるとか、告白されるとか、つきあえるとか、そういう細々したことは考えず、毎日、ふつうに過ごしてりゃいいんだと思います。

だってめぐるは、「本を作る」って決めてから、本を作れるようになるまで7年以上かかってるんですよ。(今ならYoutuberって手段もあるけど、当時は「働ける年齢になるまで仕事はできない」と思い込んでた)
その間、もし
「本を作るぞ」(中学3年のめぐる)
「本を作るぞ」(高校1年のめぐる)
「本を作るぞ」(大学1年のめぐる)
と決め続けてたら身がもたないしw、そもそも、その過程で、
「読書なんてしたためしがないじゃんwwなんで本を作ろうとしてんの?」
「読書感想文に『面白い』『楽しい』しか書けないの知ってるよ。そんなんで本作るとか笑わせるよ」
「だいたいさ、一回作文が褒められただけで本作るとか世の中ナメすぎだよね」
みたいな自分ツッコミがじゃんじゃか入って、「本を作るぞ」という意図を取り下げちゃってたんじゃないかな?

だから、決めたら放っときゃいいんですよ♡
この話が参考になる人がいるかはナゾすぎるけど、なんかのヒント(能天気に生きるヒントとかw)はあるはずだ!

こちら、『スタンフォードの脳外科医が教わった人生の扉を開く最強のマジック』(ジェームズ・ドゥティ著)。

貧しい家に生まれたけど、ルースという女性に出会ったことで人生が大きく変わり、脳外科医になったドゥティ博士の実話です。マインドフルネスについて興味のある人もぜひ!

 

(Visited 2,872 times, 11 visits today)

POSTED COMMENT

  1. ゆりこ より:

    初めまして
    最近めぐるさんの記事を知って読ませて頂いてます。
    私の場合、恋愛においては『彼から溺愛されて幸せな私』と意図してました。そもそも幸せであれば良い、恋愛は必須では無いと言う気持ちもあったので究極にざっくりと『全て上手く行って幸せな私』なんですけどね。
    そんな中、私に猛アプローチして来た方と交際が始まりました。一応私にも恋愛の理想像はある中で今の彼は何かズレてるんです。コミュニケーションの取り方と言うか。でも知り合って間もないので、彼の一部だけを見てこういう人だと決めつけるのもどうかなと思って少し様子を見ようとはしてるのですが。現実に彼氏がいなければスムーズに『溺愛されてる私』になれてたのが、現実の彼のギャップに余計な雑念が入ってしまい訳分からん状態です。仮にめぐるさんがこのような状況になった場合、どのように自身と向き合い対処しますか?

    • Avatar photo meguru より:

       ゆりこさん、はじめまして。
       記事を読んでくださって、どうもありがとうございます^^

       さっそくですが、回答です。

       >恋愛においては『彼から溺愛されて幸せな私』と意図してました。
       >私に猛アプローチして来た方と交際が始まりました。

       ひとまず、細かなことはさておき、意図したことはそのまま反映されていますよね。
       すごいと思います!
       そこはおめでとうございます!!

       >一応私にも恋愛の理想像はある中で今の彼は何かズレてるんです。

       ゆりこさんの場合は、「溺愛されてる私」は「猛アタック」というかたちでばっちりうまくいってると思うので、いったん、「どんな彼だったら、ゆりこさんの理想に該当するのか」をもう少し具体化すると早い気がします。

       この記事で私は「ざっくり幸せって決めよう」と書きましたけど、どちらかというと失恋した、復縁したいなど「すでにどんな彼か決まっている人」の場合の方がおそらく有効で(どんな人か考えるまでもないので)、これから、最高に理想の彼をゲットするぞ!って場合は、「最高に理想の彼」の「具体像」を10個でも20個でも書いてみるといいのではないかと思うのです。(矛盾してるように感じたら、すみません)

       私の場合なら、例えばですけど、
      〇優しい
      〇面白い
      〇マメ
      〇おしゃれ(ブラックが似合う)
      〇メガネかけてる
      〇(私の思う)いまどきな髪型
      〇(私の思う)イケメン
      〇研究者
      〇年収1000万円以上
      〇1人暮らし
      〇ネコ飼ってる
      〇スタバのコーヒーが好き
       みたいに、どんどん具体化していきます。
       この「具体化」の力もあなどれず、昔、「まんま」な人がやってきて腰抜けそうになったことがありましたw

       で、ゆりこさんが、「こんな人がいいんだった」とその「理想の彼に溺愛されているわたし」になった頃、どうなるかというと、今、猛烈アタックしてくれた彼が、ゆりこさんが書き出した通りの人になぜかなったり、あるいは、別れるようなシチュエーションになり他の理想通りの人が現れるなど、結果的には、ゆりこさんが「思った通りの人」とおつきあいできることになるのではないかと思います。

       少しでもヒントになったら嬉しいです^^
       はじめに書きましたけど、溺愛される人を引き寄せただけでもゆりこさんにはとんでもない引力があると思うので、どうぞ自信をもってください♡

      • ゆりこ より:

        さっそく丁寧な回答をしてくださり、ありがとうございます。私にはかつて最高に愛し愛してくれた男性がいました。そして復縁も願っていたので、恋愛に対する意図としてもう少しだけ細かく表現してみると『その元彼、もしくはそれ以上の彼から溺愛されて幸せな私』なんですね。私の中ではその元彼が自分の理想像とピッタリでして今でも水面下で繋がっているという根拠の無い自信を抱いています。そういう意味もあって、元彼より劣るような男性と恋愛するくらいなら恋愛はしなくてもいい、恋愛は必須ではないって感じでして。
        めぐるさんのアドバイスのように、具体的な理想像を挙げてみてもいいですね。
        因みに私は、
        年下の男性、料理男子、タバコは吸わない人、子供好きな人、という理想像はあって今の彼は一応全部当てはまっています。年齢については今までも年下男性との縁が多く今の彼は10歳も下で過去最高の年齢差で、自分が10歳も年下の男性から好意を抱かれた事には驚いています(^_^;)
        今後も記事の更新を楽しみにしています!

        • Avatar photo meguru より:

          ゆりこさん

          なるほどー
          >私にはかつて最高に愛し愛してくれた男性がいました。
          すてきな経験をしましたねえ♡

          >『その元彼、もしくはそれ以上の彼から溺愛されて幸せな私』なんですね。私の中ではその元彼が自分の理想像とピッタリでして今でも水面下で繋がっているという根拠の無い自信を抱いています。

          水面下でちゃんとつながっていますよ。
          目に見える現状がすべてではまったくないと思っています。
          ゆりこさんの今が、もしも、「元彼がいいと思って動かない私」なら、それも立派なゆりこさんの生命表現ですばらしいことじゃないかと思います。
          元彼になろうが、今彼とうまくいこうが、新たな彼が突然登場してこようが、ゆりこさんの思った通りになるのでそこは安心してください。理想もぜんぶ引き寄せまくり、頼もしいです。応援しています!

          • ゆりこ より:

            めぐるさんに背中を後押しして頂けた感じで有り難いです!
            めぐるさんの『そう思えばそうなる』って言葉
            あれ実は私も前から頭に置いていた言葉でして引き寄せの法則を知ったばかりの頃、自分のLINEのステータスメッセージに『そう思えばそうなる』って書いていたんです。で、めぐるさんの記事でこの言葉を見た時、シンクロ的な物を感じたと言うか、めぐるさんの記事も引き寄せによって出会ったのでは?と誠に恐縮ながら勝手に解釈してる次第です(^_^;)
            他の人のブログなんですが、願望が叶わないのは叶わないと『決めたから』ですって書いてある事に衝撃を受けたんですが、これぞまさに『そう思えばそうなる』ですよね!
            引き寄せも頭で色々考えるとゴチャゴチャしてしまい、いわゆる引き寄せ難民ってやつになってしまいますが原点にかえると引き寄せって至ってシンプルなんですよね

  2. Avatar photo meguru より:

    >他の人のブログなんですが、願望が叶わないのは叶わないと『決めたから』ですって書いてある事に衝撃を受けたんですが、これぞまさに『そう思えばそうなる』ですよね!

    そうですね!
    「叶わない」を「叶えてる」という言い方もされますよね♡

    「そう思えばそうなる」はシンプルすぎて、超絶難しいとも言われますが、難しいことにせず、シンプルなまま捉えてなんでもさくさく現実に反映させていきたいですね^^

    • ゆりこ より:

      昨日コメをさせて頂いて何とも今日早速不愉快な形で事が動きました!
      彼に対してモヤモヤをLINEでぶつけたんですね、自爆覚悟で。これまでだったらゴメンって感じで終わっていたんですが、いきなりLINEブロックされました。電話も出ないです。
      私は昨日めぐるさんが言っていた言葉が良い意味で頭に残っていたので、彼とダメになっても次なる素敵な進展があるという気持ちがあったので別れ自体は構わないんです。私自身、彼といる時の自分は自分らしさが出せなくて違和感みたいなのがあったし。ただ、どしてこういう事だけタイムラグ無しに現実化したと思われますか?
      あと私が頭に来てるのは、彼の別れ方です。別れたいならきちんと私に話すべきなのに、そしたら私だって受け入れたのに勝手にブロックからの終了って余りにも自分勝手ですよね?そう言う人って時点で元々私レベルとは合わないんですが。ただ、私は自己肯定感は高い方だと思っています。かつて最高の愛され方をされた私がレベルの低い男性と釣り合う訳がないとも思ってますし。なのに、そもそもどうしてこのようなダメンズを引き寄せてしまうのでしょうか?最愛の彼と別れてから、ダメンズばかり寄って来ます。
      別れた事はどうでも構わないんですが、結局今回もダメンズだった事が不愉快で仕方ありません。とっくから、変な男性は引き寄せないと意図しているのに何故でしょう?

      • Avatar photo meguru より:

        ゆりこさん
        補足です。
        先ほどのURLですが、この内容は、ゆりこさんが「自己肯定感が低い」と言いたいわけではありません。
        そうではなく、相手は自分の鏡だから、「別れたい」と思っていたゆりこさんの想いが、別れるという彼の態度で出たのではないかと思ったという話です^^ 

  3. Avatar photo meguru より:

    ゆりこさん、こんばんは。

    ゆりこさん自身がわりと答えを書かれてますよ^^
    >最愛の彼と別れてから、ダメンズばかり寄って来ます。
    ここです。
    ゆりこさんの中では、おそらくですが「最愛の彼=最高」という設定になっていると思うので、そうなると、現段階ではどんな男性も「元彼以下」になりますよね。元彼以下の中でも、いろいろランク(?)はあるのかもしれませんが、そもそもが「以下」なので、ちょっとでも違う、と思えば「ダメ」の烙印はフルスピードで押されるのではないかと思います。

    今の人に関しては、確かに正直なもやもやをぶつけた返事がブロックというやり方そのものはひどいように見えますが、早かれ遅かれゆりこさんの方から別れた可能性も十分ありますし、ゆりこさんが心のどこかで「合わないから別れるんだろうな」って思っていたことを彼が先にやってくれただけ、と考えれば、別れる労力が省けたぐらいの感覚でいてもいいぐらいではないかと思います。(とはいえ、腹立つ、ムキーとなる気持ちは十分に分かりますよ^^)

    参考になるか分かりませんが、ちょうど書いていた記事で、こういうものがありました。
    https://onnanoko-kimochi.com/homemen/psycology1/

    これが何かのヒントになればいいなと思いますが、ひとつだけ言えるのは、もし私の書いたことに対して、なんとなく不快に感じたり、もやもやしてしまうようであれば、「それは、今は受け入れないでいい」というサインなので、聞き流す、もしくはスルーするぐらいでちょうどいいってことです♡

    わたしには、ゆりこさんのすごい理想な新しい人が今すぐ待ち構えているからこその別れなのだとしか思えないのでw、どれだけの人が現れるのか、むしろ楽しみにいています。

    • ゆりこ より:

      ありがとうございます。
      私、一つ気づきがありました。私が最高に愛した彼の事で、私は彼を二股と言う形で何度も裏切り彼を苦しませてしまいました。彼は大好きだからこそ私を許せないと言ってました。彼は身も心もボロボロになりました。裏切られた人の気持ちなんて私には分からないよ、とも言われました。確かに私はその頃、二股とかされた事なく理解は出来てなかった。彼の想像以上の苦しみもです。彼と別れて2年以上、時々連絡してましたが最初は仲良く話てても結局当時の事を責められ。ある時大喧嘩をして一切連絡を断ちました。久々彼の誕生日にオメデトウLINEをして、少しやり取りをしたのですが彼の中にいまだ当時の傷が残っている事、後はそれでも私を想ってくれている事が雰囲気でバッチリ伝わって来ました。その時、復縁するとしても彼の方の準備が出来ていないな、まだベストタイミングでは無いって事だろうな、と感じました。私側はいつでも準備出来てると思ってました。はい、今日までは、です。私はある気付きをしました。どして何度も何度もダメンズに出会い悔しい思いをする羽目になるのか、を。それはきっと彼にさせてしまった苦しみを理解するには私も同等の苦しみを味わう必要があったのだろう、と。罰と言ってもいいかも。それを味わう必要がある為に何人もの男性がその役をかって出たのではないか、と。私、相当悔しい思いをしています。イコールこの悔しさは彼の悔しさ。そう思ったら気付きをもたらす為に現れたダメンズ達にも、むしろ感謝に変わりつつあります。復縁するとしたら、私側も恐らく準備が出来てなかった。お互いベストタイミングでは無いから復縁に至って無いのかな?と。
      私、やはりその彼が好きです。実は訳アリな恋愛ではあるんですけど、最高に大切な存在なんです。

  4. ゆりこ より:

    重ね重ねのコメ、失礼致します。
    先日ダメになった彼の事で何とも面白いと言うか驚きな事がありました。
    彼の仕事についてなんですけど。
    彼は私も知っている飲食店で仕事してるのですが、音信不通になってどうしても怒りが収まらず彼の店の店長に話をしたんです。プライベートな事だからどうかなとは思いながら、店長も話を聞いてくれないだろうなとも思いながら。プライベートでの人間関係を大切に出来ない人が接客業でお客を大切に出来るのか疑問です、と話ました。それから私もその店は利用するので(ショッピングモール内の飲食店なのでショッピングモール自体を彼と知り合う前から利用していました)今後利用しづらくなって困ると話ました。
    そしたら店長が、彼は会社の人事移動で元々今月中旬でいなくなりますと言ったんです!つまり、今回の音信不通がなくてもどの道別れる事になっていたって事です。移動は最近決まったそうで彼にも伝えてあるとの事。元々彼は移動があるって事が前提での社員のようで今回の移動と音信不通が上手く重なったんです!彼はずっと私の住む県にいると言っていたのに移動前提の仕事だったとは、話が違うじゃんってなりますが。それももうどーでもいいですw
    私は遠恋は恋愛体質上ムリですし、そしてシンママなので、彼について行きますなんて事は考えられません。
    今思うと、彼自身の中で移動する事が決まっていて私とはどの道距離が出来てしまうから今回の事をキッカケに音信不通からのフェードアウトに持ち込んだのかな?なんて捉えちゃったりもします。だとしたら彼自身も好きで音信不通にした訳じゃない、と捉える事も出来なくはないかななんて。変に美化しちゃいます(^_^;)

  5. るぅ より:

    はじめまして
    Twitterでほめ♡レンに出会い ブログにたどり着きました。
    この記事を読み何となくで就いてしまい周りに合ってると言われきた仕事が 最近本当に上手くいかなすぎて困っていた私の心に響きました。
    私が幼き頃これになる!と決めたのは全然違う仕事なんです。
    だからきっと 周りから上手くいってるじゃん! あってるじゃん!!と言われても違和感しかなくて 今ではその違和感を感じすぎてやる気すらも無くなっているんだなと気づきました。
    だからといってどうしたらいいのかは分かりませんが ブログ YouTubeで勉強させていただきます!

    • Avatar photo iruru より:

      こんにちは。いるるです。ありがとうございます!
      これになると決めた仕事ではないことを今頑張っている自分も認めてあげつつ、本当にやりたいと思えることを色々チャレンジしてみてもいいのかなと思いました^^
      ブログやYouTubeが何かきっかけとか気付きになっていたら嬉しいです^^ありがとうございました!

      • るぅ より:

        こちらこそありがとうございます。
        自分としっかり向き合い 方向性を決めていきたいと思います。
        これからもよろしくお願い致します。

  6. W より:

    はじめまして ネットに書き込む質ではないですが、勇気を出してコメントします。

    数ヶ月前に、好きな人にフラれたのを機にほめレンさんを知りました。当初は泣きすぎて体調不良なんてこともありましたが、今では彼とはとても仲良くなり「溺愛される」を当然として受け取れるようになりました。ありがとうございます。

    ただ、今回のコメントは恋愛ではなく仕事です。私は今就活をしていて、まだ内定を貰えていません。大好きなゲーム業界で働けたらかっこいいなと思いつつも、就活の仕組みそのものに疑問を抱いていたので出遅れた状態です。周りのほとんどは内定を貰って、親には毎日不安を煽られ、焦っているのに気になる企業が少なすぎる(行きたいのに募集要項に当てはまらない等)ジレンマに陥っています。(恋愛は放っておいたら向こうが来てくれるけど、就活は自分が動かなきゃ、という観念もある気がします)
    「素敵な職場で安心して働いてる」と思いを決めていますが、最近は就活を考えるのが嫌過ぎて、まるで終わったかのように遊びに呆けてしまいます。
    今のお二人が就活をするならどのように考え、動きますか?あるいは何かモチベが上がる言葉を頂けるとお守りにして頑張れます。

    • Avatar photo meguru より:

      Wさん、こんにちは。
      >今回のコメントは恋愛ではなく仕事です。私は今就活をしていて、まだ内定を貰えていません。大好きなゲーム業界で働けたらかっこいいなと思いつつも、就活の仕組みそのものに疑問を抱いていたので出遅れた状態です。周りのほとんどは内定を貰って、親には毎日不安を煽られ、焦っているのに気になる企業が少なすぎる(行きたいのに募集要項に当てはまらない等)ジレンマに陥っています。(恋愛は放っておいたら向こうが来てくれるけど、就活は自分が動かなきゃ、という観念もある気がします)
      「素敵な職場で安心して働いてる」と思いを決めていますが、最近は就活を考えるのが嫌過ぎて、まるで終わったかのように遊びに呆けてしまいます。

      大好きなゲーム業界で働けたらカッコいいな。
      いいじゃないですか!
      そこまで具体的にあるなら話は早いですよ。
      ゲーム業界で働いている自分は、どんな感じですかね。
      好きなところで働いてるなら、おそらくいきいき毎日楽しいでしょうし、
      できれば周囲の人も自分に合うような人たちだとより楽しいですよね。

      ここをまず、「とうにうまくいってる自分」として設定します。
      イキイキとゲーム業界で働き、周囲にも恵まれてる自分、のように。
      ただし、これは、ご自分にしっくりくるものにしてください。今のはあくまでただの一例です。
      現在の「素敵な職場で安心して働いている」でももちろんいいですが、せっかくゲーム業界って決めてるなら
      そちらの設定だとより自分にしっくりくるんじゃないのかなと思った次第です。

      で、その「とうにうまくいってる自分」でいてください。

      >親には毎日不安を煽られ、焦っているのに気になる企業が少なすぎる(行きたいのに募集要項に当てはまらない等)ジレンマに陥っています。

      →こうしなければならない、周りは決まってる、親はうるさく言う。
      お分かりかと思いますが全部エゴです。(親がうるさく言う→親が言うという現状に対して、「就活やばい」みたいに直結させてあれこれ思い悩むのは全部エゴという意味です)

      で、もうとうにうまくいってる自分だからあとのことは勝手にいずれ開示されるから、それこそ遊び呆けててもいいぐらいです。
      ただし。
      不安や焦りを抱えながら遊び呆けると、それを増長させるだけですので(遊び呆けてて仕事が決まるわけないだろという特大のエゴがくる)、ゲーム業界の就活をしながら遊ぶというのはどうでしょう。

      ちなみにめぐるは数十社以上落ちたのですが、出版業界でいきいき働く自分というのはもう決まっていたことなのでどれだけ落ちてもまじでなんとも思ってなかったです。
      落とすなんて向こうに見る目がないなぐらいに思ってましたよ。
      で、これは、潜在意識なんて知るはるか前の話です。
      知識なんてなくとも、「こうするんだ!」という気持ちさえあり、そこにい続けたら道は勝手に開けました。

      お話を読む限り、それができる方のように思います。
      大丈夫です。
      必ず働けます。
      だからとうにうまくいってる自分の意識でいるようにしてみてください。

      吉報をお待ちしています。

      • W より:

        返信ありがとうございます!
        凄く勇気付けられ、やる気が出てきました。必ず成就報告にてご連絡します!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA