みなさんのご相談に潜在意識の視点で答える

【連載 みなさんからのご相談 その1】決めたか、決めきれてないかは、どうやってわかるの?

こんにちは。いるるです。
今日は、ご相談フォームにいただいたご質問の中から、たくさんの方に参考になりそうかなあという部分を抜き出して、シェアしていこうと思います。
(ご質問の内容は、個人が特定されない範囲で適宜変えています)

Tさん
「復縁したいけれど、最悪な別れ方だったので、本当に復縁できるか不安です。『そう思えば、そうなる』と決めるだけ、ということですが、どうしたら『決めたかどうか』『決めきれているかどうか』自分でわかるでしょうか?」

そう思うから、そうなるだけ。決めたら、そうなるだけ

潜在意識のことを学び始めると、最初はみんなが思う質問かなあと思います。
私も、こう感じた時が、ありましたのですごくわかりますよー。

ほめ♡レンでは、「潜在意識を活用してとっとと復縁して彼とラブラブー♡」になるためにやることは、たった一つ。
そう思うから、そうなる」。これだけ、といつもお話ししています。

それに例外は、一切、ないです!終わり。
なんですが、とはいえ、「決めるだけ、ってなんなの?何したらいいの?」と思う方も多いみたいです。

例えば、
「願いを書き留めるための素敵なノートを買って、あなたの思いを書いたら、それでOKです!」
「思いを決めたら、それを紙に書いて、よく見るところに貼っておいてね!」
などとおすすめする方もいるんじゃないかなと思うのですが、ほめ♡レンでは、そういうことは特にすすめてはないです。
もちろん、したい方はそれをしてもいいんですよ。でもしなくてもいいです。

「決めるだけで叶うわけないだろ」と騒ぐエゴ

本当に、決めるだけ。決めた!と思ったらそれで終わりです。

すると、どうですか?エゴが騒ぎませんか?
そうなんです、今までずーーーーーっと不安を呟いてたエゴが、やることがなくなったので、暇になって、
そんなんで叶うわけないだろー、そのままだと本当にずっと叶わなくなるぜー
とかなんとか呟き始めるかも。
今回のTさんも、そのエゴと一体化してしまい、
「やっぱり決めきれてないかも、どうやったら決められるの?」と思ってご相談いただいたのかもしれないですね。

でも、本当に、決めたら、終わり。何もしなくていいし、余計なエゴのささやきには耳をかさなくてOK。
決めたらもう叶っている。叶った自分でいる、ということをやってみて欲しいんですね。
いちいち、現実と比べ始めると、「まだだめだ、いつ叶うの」みたいになってしまうので、
現実はガン無視で、自分の決めた思いの方を大事にしてみてください。

ヒマになった時間は、「自分のため」に使ってみる

それで、その間に何かやるとおすすめなことといえば、その暇な時間に自愛を深めることです。(自愛しなきゃダメ、なわけではないですよ!)

彼との未来を不安に思ってあれこれ邪推していた時間を、自分を癒す時間に使ってみて欲しいんです。

そうすると、やることができてエゴが聞こえにくくなるのと、自愛が深まることで、より自分が何を望んでいるのか自覚できるようになるはず。
(とはいえ、マストではないですよ!)

いるるの個人的な体験をシェアすると、私が自愛を深められたなあと最初に思えたのは、一人旅に行った時でした。
一人旅を、自分のために思いっきり楽しむのは、本当におすすめ!
旅行は、ただ一人でいるよりも、日常から離れられるのがいいんです。
そして誰もいないので、自分としか、会話ができません。その時に、自分をいじめる言葉ではなく、自分を癒す言葉をかけて欲しいんですね。

旅行じゃなくても、神社でもお気に入りのカフェでも、リラックスできたり気分が変わったりできるところなら、なんでもいいんですよ。
周りからどうみられるか、とかはもうどうでもいいので、自分を大切にできる自分を誇りに思って欲しいです。
そうこうしているうちに、またエゴが出てきても右から左へスルーできるようになって、いつの間にかホイホイ彼も戻ってきてますよ。

あなたが「決めた」ら、もうそれでOK。
あとは、いちいち現実と比較せずに、決めた自分の思いを何よりも大切にして過ごしてね!

 

(Visited 2,311 times, 1 visits today)

POSTED COMMENT

  1. 愛依 より:

    こんばんは、

    叶った自分でいる がイメージできなくて難しいです。
    叶った後の自分ならこうしてるだろうなーとイメージして過ごすことですか?

    • Avatar photo iruru より:

      愛依さん、こんにちは。いるるです。叶った、と自分で思えていれば、なんでもいいですよー。叶ったと決めたら、あとは日々淡々と過ごしていればいい感じです。例えば復縁したいとして、彼との復縁が叶っていたら、どんな感じなのか、考えてみるのもいいと思います^^ルールはなく、どう感じるかは自分次第なので、色々試してみるといいかなと思います^^

  2. U より:

    めぐるさん、いるるさん、はじめまして☆
    明けましておめでとうございます。

    二つ質問があります。

    彼とは片道2時間の距離に住んでいます。
    脳内で「彼の愛する奥さん」として生活するうちに、だんだん本当にそっちの世界が楽しくて、
    現実の彼なんて過去のマイナス思考だった私が作ったんだからどうでもいいわーw
    とまで思えてきました。

    そうするうちに「近いうちこの想いが現実にも投影されるだろう」と思うようになり、
    もう少し彼の家からでも通えるような仕事先を見つけようと思うようになり、求人を探すようになりました。

    これ気になる!行ってみたい!と思う求人があり応募までしてみて、うまくいきそうな感じで進んでいます。
    ただ、今は大きな会社で正社員。
    その仕事は派遣なので、周りからは反対されています。

    なぜ家の近くでの大企業正社員をやめてまで、急に派遣になるのか。
    その理由が「彼と結婚して一緒に住むため」と言っても、現状彼からは別れようと言われ離れています。
    頭がおかしいのでは?とみんなに言われます。

    でも、私の中ではすでに彼の奥さんなので、
    この選択については潜在意識が選んでくれたんだと自信を持っています。
    私はこのまま転職しても大丈夫でしょうか?

    二つ目ですが、
    彼と結婚するのはもう絶対的な私のルートです。
    ですが、それとは相反する気持ち(決め事)があることに気づきました。

    ずっと家族の中で、親からも「Uちゃんがいないとこの家は回らない。Uちゃんは家を出ないでね。結婚しても近くに住んでね。」と言われ育ってきました。

    ですが、遠くの彼と一緒になりたいし、そうなるものだと思っているので、物理的にこまめに実家に帰るのは難しそうです。

    ですが、その「家族の中で私がいないとダメ」という役から降りられない自分が今もいるのです。
    私はずっとこの家で親の面倒を見ないといけない。など心に決めて生きてきたので、
    彼と結婚!の想いよりも、私は家から出ない!という想いが勝ってしまわないかと心配になりました。
    これがよく耳にする、ブロックというものでしょうか?

    その想いを解決するために、潜在意識が転職を促すように指示してきたのかな?と思ってしまいます。

    このように、自分の意図する想いに相反する気持ちがある場合は、
    どのようにすればいいでしょうか…?

    二つも書いてしまい申し訳ありません。
    どうぞよろしくお願いいたします。

    • Avatar photo いるる -Iruru- より:

      Uさん、こんにちは。ほめ♡レンのいるるです。

      一つ目のお仕事のことですが、最終的に、Uさんが、どうしたいか、を大切にしてほしいと思います。
      彼とどうあれ、周りがどうあれ、自分が、本当に転職したいと思えるかを考えてみて、
      その決断に従ってみるのがよいのではないでしょうか。

      また二つ目のご家族のことですが、「相反する気持ち」と書かれておられますが、
      Uさんが、家族と一緒にいたいのでしょうか。
      それとも、家族に言われているから、そうしなくてはならない気がしているが、
      本心ではそうしたいと思っているわけではないのでしょうか。

      <私はずっとこの家で親の面倒を見ないといけない。など心に決めて生きてきたので、
      <彼と結婚!の想いよりも、私は家から出ない!という想いが勝ってしまわないかと心配になりました。

      潜在意識で願望実現は、「そう思うから、そうなる」。思いを決めるのは、自分です。
      なので、ご自身が、どうあることが一番幸せなのかを、自分で考えて、ただ、それを決めればいいだけです。
      家族と一緒にいながら、彼とも一緒にいたいのか、彼が優先なのか、どうありたいのかはUさんにしかわかりません。
      思いを決めたら、どうやって解決していいかわからないことこそ、潜在意識にお任せしたら良いのではないかなと思います。

      ただ、自分がどうあれば一番幸せなのか、ご自身の心に聞いてみてくださいね!
      参考になれば幸いです。

      いるる♡

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA