潜在意識で恋愛成就

♡「別れる前」も「別れた今」も変わらぬ意識を、今、この瞬間から断ち切る!

note絶賛発売中~!
すでに600人以上の方にご購入していただき感謝です!

「潜在意識で片想い成就は、朝飯前!」
https://note.com/meguru_home_ren/n/n8e03633d2c9a

こんにちは、めぐるです。

彼と別れて復縁したいと思ってる人のほぼ全員といっていいぐらいの人が、

「つきあっていたとき、もっと彼と過ごしていた日々を楽しめばよかった」

と言っています。

なら、今は?
え、今?
はい、今です。
え、現状は彼とは別れてるから云々…。
いえ、違いますよ。

彼がいるからとか、彼がいないからとか関係ない。

彼がいたとき、いないとき。結局は、「意識は同じまま」ってことはないですか? 

と聞きたいのです。これ、発見ですよ!

つきあっていたときは、「私のことを好きじゃない証拠」を集めまくっていた

つきあっていたとき。
彼がいつもよりスマホ見てる時間が長いなと思えば、

「え。もう私のこと好きじゃなくなったの?」
「まさか、もう飽きた?」
「まだつきあってそんなに経ってないのに、これじゃうまくいかなくない?」

などなど、勝手に悪い方へ解釈していた人は多いのではないでしょうか。

いつもより口数が少ないなと思ったとき、
LINEの返事が遅いなと思ったとき、
仕事が忙しくて以前より会えなくなったとき、
などなどなど……。

とにかく、彼に関する「自分にとって良くない言動」の片鱗が見つかればソッコーで拾い上げる。
「自分にとって良くない言動」を強引に引っ張り出しては

 

「もう私のことなんてどうでもいいのかな」と不安になり、
「もしかして、気になる子でもできた?」
「そういえば最近、前より飲みに行ってる気がする」
「まさか、そっちが本命!?」

と反応に反応を重ね始めたらもう止まらないですよね。

もうダメなんじゃないか?
もう無理なんじゃないか?
なんでこうなっちゃったんだろう?

こんな感じでエゴスイッチがオンになったら、彼が笑顔でいるのを見たときでさえも、「ほんとに私のこと好きなのかな?」と不安が押し寄せる…。

彼と過ごした時間は、「自分のことを好きじゃない証拠集め」に必死で、せっかくの時間を楽しまなかった。なにやってたんだろう。そう思う人が多いんですよね。

別れた今も、「私のことを好きじゃない証拠」を集めまくっている

別れた今――。

「彼、彼女できたみたいだよ」というウワサ話が耳に入ったとします。

「え。どうして? 復縁したいと思ってるのはやっぱり私だけなんだ…」
「別れてそんなに経ってないよ? 私のことなんてどうでもよかったの?」
「どうしてこんなふうになっちゃったんだろう…」

などなど、「彼に彼女ができた(かもしれない)」という現状を聞いたとたん、悪い方に向かって一直線にダッシュしている人は多いのではないでしょうか。

 

久しぶりにLINEしても素っ気なかったとき、
彼が楽しそうにしているSNSを見たとき、
転勤や引っ越しなどで遠くに行ってしまうことを知ったとき、
などなどなど……。

とにかく、彼に関して「自分にとって良くない言動」の片鱗が見つかればソッコーで拾い上げる。
「自分にとって良くない言動」を強引に引っ張り出しては
「あんなに素気ないLINEなんてつきあってるときはなかったのに」と不安になり、

 

「ほんとにどうでもいい存在になっちゃったんだね」
「私はまた仲良くしたいから、彼とラブラブって思ってるのに!」
「どうして私だけうまくいかないの?」

と反応に反応を重ね始めたらもう止まらないですよね。

もうダメなんじゃないか?
もう無理なんじゃないか?
なんでこうなっちゃったんだろう?

こんな感じでエゴスイッチがオンになったら、「どうして私だけ…」「どうせ私なんて…」と不安が焦りが押し寄せる…。

なんと。
別れた現状の今、この瞬間も、「自分のことを好きじゃない証拠集め」に必死なのです。

別れる前も。別れた今も。自分の意識はちっとも変っていないことに愕然!

分かりましたかね?
彼とつきあっていたときも、別れた今も、自分の意識はまったくといっていいほど同じなのです。愕然ですよ。だって、これっぽちも実は変わってなかったのです。

潜在意識は、「そう思うから、そうなる」ですよね。
これを恋愛にあてはめると、「彼とラブラブと思うから、彼とラブラブになる」

ほめ♡レンでは、動画でもさんざん言ってますし耳タコですよね。

で。
「彼とラブラブと決めました。でも、現実が変わりません」
こういうご相談が多いのですが、さっきのもう一度読み直してくださいよ。
「私のことを好きじゃない証拠」を集めまくってましたよね?
彼に関する「自分にとって良くない言動」のカケラを拾い集め、「うまくいかない自分」にロックオンして、その道をひたすら突っ走る……。
それで、本当に「彼とラブラブ」と言えますか?

何度も言いますが、「つきあっていたとき、もっと彼と過ごしていた日々を楽しめばよかった」と思ってる人は多いんです。
ということは、
・もっとその瞬間を楽しめばよかった
・もっと2人の今を味わえばよかった
と思ってるんですよね?

それなのに、今、つきあっていた頃と同じように、現実の彼の言動に右往左往して不安になって焦って、どうしよう、どうすればとやり続けている。

今、彼が隣にいるわけじゃないから?
そんなの言い訳ですよね。

だって、彼が隣にいたときだって、いない今だって、同じことしかしてないんですから。

だから、今、今、今。
今、この瞬間から、本気で「思い」に居座ると決めてください。

・もっとその瞬間を楽しめばよかった
・もっと2人の今を味わえばよかった

ってすごく思ってたのに、どうして今、それをしないんですか。
今、この瞬間から、日々を楽しんで、味わってください。

彼がいても不足、彼がいなくても不足は、今、ここから断ち切るのです。きっぱりと。

(Visited 1,901 times, 10 visits today)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA