潜在意識で恋愛成就

「自分が、ラクか」。これ、実現を受け取る最強姿勢

こんにちは。めぐるです。

YouTube、ブログ、メールなどのご相談の大半が、

彼とラブラブと「思い」を決めました。
でも、その後、現実が気になってしまいました。

というものです。

潜在意識の法則は、そう思うから、そうなる。
これを恋愛にあてはめると、彼とラブラブと思うから、彼とラブラブになる。

非常にシンプルです。

「彼とラブラブ」という部分が「思い」にあたります。
まず、「自分が、思う」。
この「思い」がなければ始まらないし、「思い」がすべて。
ということは、「思い」さえあれば、「思った」=「叶った!」と捉えていいわけです。
だって、自分の中で完結できることですから。
「とうにうまくいってる意識でいる」という言い方もよくします。

でも、

い、つ、現実、に、反映、さ、れ、る、のーー!!!

をゴールにしている人が多いので、「現実が気になる」というご相談が多発するんですね。

で。
その気にしてる「現実」って、ほとんどの場合、自分にとって「良くないこと」なんです。
気分が重いか、軽いかで言ったら、どう考えても、重い。

でも。
めぐるは、相談の回答だったりYouTubeにコメントするとき

「自分が、ラクか」を指針にしてください

とわりとよく言います。

この「ラクかどうか」。
けっこうおざなりにしてる人が多いな、という印象です。

というわけで、ブログスタート!

その現状を見て、ラクな気分になれる?

「現実」が気になる人はちょっと考えてほしいんですが、復縁したい人が現実の彼の言動を見て「気分がラクになる」ことってほとんどないのではないでしょうか?

だって、別れたんですよね?
別れたってことは、現状は、自分にとって好ましい状態じゃないわけです。

彼のSNSがアップされれば、「私なんかいなくても楽しくやってるんだな」と落ち込み、
彼のSNSがアップされなくても、「SNSにアップできないぐらい毎日楽しいのかな」と落ち込む。

どうなっても、悪く解釈しがち。
この状態は、「彼とラブラブ」と思いを決めた人、とうにうまくいってる意識の人ではありませんよね。
なにより、自分自身が「ラク」ではないですよね?

「彼とラブラブ」と思いを決めるときは、その好ましくない現状無関係に決めていいんです。
だから、その現状をいちいち絡める必要がないのに、
でも、
それでも、
どうしても、

彼のSNSの動向を監視するかのようにチェックし、
「なにか私にとって悪いことがアップされてませんように」と祈るように見て、特に何もなければ「悪いことが起こってなくてよかった」と束の間安堵し、何かあったら「やっぱり、彼女いた!もうイヤだ泣」と凹んでしまう。
そういう人が後を絶たないわけです。

 

これ、「ラクになる」どころか、「気分がどんより重くなる」ことを見つけに行ってるようなものです。
うまくいってない方を凝視し、片鱗を見つければ豹のごとく素早さで掴みに行く
ラクとは真反対の方向に自らが率先して全速力で突っ走ってしまう。

こちらがどんなに大声で「そっちじゃないですよ」と言っても、

「現実がまったく変わりません」と言っては落ち込み、
「現実の彼に彼女ができてしまいました」と言っては落ち込む

わざわざ重くなる方を見つけては、体当たりでもぎ取りに行く。

これって、「ラクになる」ことの威力が全然わかってないんじゃないかな?と思うわけです。

「ラクになる」のは、実現を受け取る姿勢と同じ

現実は、ただの現状。
そんなところに留まっていてもどうにもならないので、
「彼とラブラブでいよう」と思った人は、その時点で、どんなに現実が気になろうが「それとは関係なく」で現実と切り離すことができるので、ラクになると思うんです。

だって、ただラブラブでいりゃいいだけですから。

というか、ラブラブと決めたら、ラブラブと決めたことすら忘れて、
ただ自分がラクな方に向きながら楽しく毎日を過ごしてりゃいいんです。

こんなラクなことないじゃないですか。

「ラクになる」状態というのは、現実のあれこれに悩まされ「気分が重い」状態と真逆です。

現実の彼がどうであろうが、彼とラブラブな世界の住人なので、
わざわざ気分が重くなるような選択をしなくなります。

彼とラブラブになっちゃったし、毎日ラクな方に進んで軽やかになっちゃったし、重くなる必要性を感じなくなります。

彼とラブラブになっちゃったし、毎日ラクな方に進んで軽やかになっちゃった。

これが、結果的には、実現を受け取る姿勢になってるんですよね。
だって、いちいち現実に構わないし、余計な思考という名のエゴが取り払われてる状態なので、そりゃ見えてきますよね。

肩ひじ張って、現実をあれこれ見張ってどんより重くなる状態は、結果的には、「今はいらないです。私はこの現実と向き合ってからじゃないと進みたくないので」と自らが実現を阻む姿勢と同じなんです。

 

めぐるの感覚で言うと、現実をあれこれ見張ってどんより重くなる状態は、実現を「見えなく」させているだけ。
曇りガラスのように、霧のように、視界不良で見えるものが見えなくなってしまってる状態なんです。

ここで一言付け加えておくと、気分が重くても、怒っていても、悲しんでいても、叶うんです。
でも、現実を見張りまくって「今、彼に彼女がいるから実現はいりません」と自ら必死で阻んでいる状態では、見えるものも見えにくくなってしまう、
なんというか、自らが遠ざけているように感じるんです。

ラクなことをあなどるなかれ

ラクな方向って、文字通り、自分が少しでも気持ちが軽くなる方に進むだけ。
好きだなと思うことを少しずつでもいいから取り入れるだけ。

 

朝、何が飲みたいかな?
おいしいコーヒー飲もう~。
ここから始めていいんです。

今日は、晴れて気持ちいいなあと思ったり。

疲れたから、会社から直行で帰って家でゆっくりしたり。

自分にムチ打たず、少しでも、ラクな方へ。

エゴが襲ってくる日は、その不安や恐れ、怒りは、基本スルーする。
スルーしきれないほど襲来されたときは、「不安になってもいいよ」「怖くなってもいいよ」「叶わないと思って泣いていいよ」と、自分をとことん許してみることでラクになる場合もある

そうやって、とにかく「少しでもラクになるには」という姿勢でいてほしいんですよね。

重い気持ちが続くなら、そこから1ミリでもズラしてラクになろうとしてみる。
コーヒーを入れてみる。
アロマをたいてみる。
なんでもいい、1ミリでも「さっきよりはラクだな」と感じられれば大勝利。
その1ミリは10mになり1mになり、無限大になり、
「なんだ。こんなにラクなままでよかったのか」と気づくことにつながっていきます。

彼のことでやきもきしてる人も、どうすればうまくいくの、どうやったら連絡来るのという答えの出ない問いを延々繰り返す時間があるなら、
「こんなにいつもやきもきして、こんなに過去ばっかり考えまくって、自分はラクなのか?」を自分に聞いてみたらいいです。

 

ラクなわけないなら、少しでもラクな方向に向こうとする意志を持ってみる。
ドツボに見える底なし沼にいつまでも浸からず、そこから少しでもラクな方向を見ようとしてみる。

地道ですけど、この「自分が、ラクか」の積み重ねは、思考という名のエゴが介入しても、必要以上に考え続けるスパイラルから脱却できます

「こんなにラクでよかったの?」と気づいていくと、逆に、
「今まで、どうしてわざわざ傷だらけになってイバラの道を歩もうとしてたのだろう」と思うはずです。

「自分が、ラクか」って、ここまで軽やかでよかったのか。
こんなにも現状関係なく「ただ、彼とラブラブでよかったのか」と改めて気づく。

ラクになれば、叶う!
って、そうじゃないですよ。
そうやって、また、自分を奮い立たせてラクとは反対の方に行く必要はありません。

 

ただ、ラクなところにいてください。
それは、自分を大切にすることにつながり、他力に委ねることにつながり、毎日を楽しく過ごすことにつながる。QOLは向上し、いいことづくし。
彼も気づいたらしれっと隣にいてニコニコしてるんじゃないですかね

過去動画もご覧ください。「自分がラクか」に舵を取れ!

 

 

 

 

 

 

 

(Visited 1,549 times, 3 visits today)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA