潜在意識で恋愛心理を読みとく!

【連載vol.8】返事をくれない彼!を潜在意識で読み解くと?

本連載では、『ほめ♡レン』の旧サイト『おんなのこのキモチ』の過去記事を抜粋し、その心理を潜在意識にあてはめるとどうなるかを見ていきます。
※旧サイトは男性に向けての女性心理のアドバイスという視点で書かれているため、ほめ♡レンでは女性視点も追加しながら見ていきます。

大好きな彼にLINEなどメッセージを送って、メッセージのやりとりをするのが好きな人、いますか?
私は、メッセージを受け取ったら、それを未開封にしておくのが嫌なので、基本的にすぐ返事をします。
好きな人ならなおさら!

でも、恋愛心理の本を読み漁っていたら、すぐ返事をするより、少し時間をおくほうがいいとか、自分からばかりメッセージを送るのではダメだとか、メッセージは駆け引きをするべきだとか…。
色々な意見があり、それに翻弄されていた時もありました。
皆さんはどう思いますか?

今回は「第101号 返事をしないという返事」について、潜在意識の観点から読み解いていきます。

第101号 返事をしないという返事

メールの返事って、好きな人には優先して返したくなるもの。
何日も放っておかれるようになったら、もうあきらめたほうがいいです。

私は自分が「ダメだなぁ」と思ったら、これとは逆に、どんなに私のことを考えてくれている優しいメールが来ても、
「やだなぁ、あなたにはそんなに親密にしてほしくないのに」
と思ってしまいます。

私も相手からそういう態度をとられてしまったら、早々にあきらめることにしています。
一度離れてしまった心は、元に戻すのは難しいと思うから。
それに、ダメな恋愛を引きずるより、次にいったほうがハッピーだと思うしね。

・・・中略・・・

返事をしないという返事がよくありがちなのは、つき合っている男女。
男性がメールを返さなくなる。連絡をとだえるようにするということ。
こうなったら、女性は追っかけないほうがいい。「これで返事がなければ、あきらめる」という気持ちで最後のメールをする。
執着しないことが大切です。

出会いは、女が男のメールを無視するのに、別れのときには、男が女のメールを無視することが多くなります。

「返事がない」は「返事がない」だけ

「返事がない」ことに対して、「返事がないってことは、嫌われた?前のメッセージが馴れ馴れしすぎた?嫌われる要素があったかな?」など、あれこれ考えてしまうことはありませんか?恋愛心理本を見ても、「返事がないなら諦めろ」とか、「返事がないということはあなたには気がない証拠だ」など、あれこれ正論ぽく思えることが書いてあるかもしれません。

でも、「返事がない」のは、「返事がない」だけ。それにあれこれ憶測をつけているのは、自分のエゴでしかありません。なのに、「返事がない」ということに対して、あれこれネガティブな思考をくっつけて悩んでしまう人は多いようです。私自身、潜在意識と出会う前は、ネガティブ思考をくっつけるプロかというくらい、あれこれ考えていました。

返事の仕方は、その人による

返事の仕方は、10人いれば10人の「常識」があると思います。私の友だちの中には、仕事中に連絡が来ると気が散るから携帯はオフにするという人もいるし、携帯で細かくメッセージのやりとりすることがあまり好きじゃないから、基本的に1日1回電話する方がいい、みたいな人もいます。連絡の取り方、返事の仕方は、さまざまですし、何が正しいとか正しくないとかはありません。

また、その時の状況で、いつもなら返事するけど、できない、ということも多々あります。なので、潜在意識とは関係なく、そもそも返事があるなしであれこれ憶測することは、あまり意味がないなと私は思っています。

自分のルールを相手に押し付けるのも変ですし、この人は、こういう感じで返事をする人なんだなあと思っておくくらいが気楽で良いのかなと思っています。

潜在意識の観点で見ると・・・?

返事のあるなしを、潜在意識の観点で見るなら、返事のあるなしは、全く願望実現に関係ありません。

返事があろうがなかろうが、潜在意識で願望実現したいなら、「そう思うから、そうなる」なので、ポイントは、あなたが思いを決めているかどうか、だけです。

というと、「そしたら、彼がすぐ返事をくれるって思いを決めよう!」という方がいるのですが、どうしてもそれがいいのなら別にそれでもいいのですが、返事をくれるくれないよりも、もっともっと先の先の、ラブラブな二人の関係をイメージしておく方がおすすめですよ♡


おすすめ記事

-潜在意識で恋愛心理を読みとく!

Copyright© ほめ♡レン| 恋愛 復縁 潜在意識 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.