潜在意識で恋愛成就

♡彼とラブラブ。彼と音信不通。どっちが「真実」?

こんにちは、めぐるです。
先日、アップしたブログ
と非常に近い話になるんですが、

ほめ♡レンで唯一言ってるのが、
「そう思うから、そうなる」。
「彼とラブラブと思うから、彼とラブラブになる」

彼とラブラブという思いを設定してくださいね。
あとは普通に暮らすだけ。

正直、これ以外言ってません。

ここで立ちはだかる(と思っている)のが、現実が違う~!という壁ですよね。

「でも、現実の彼は冷たくて」
「でも、現実の彼には彼女がいて」
「でも、現実の彼には音信不通にされて」
「でも、現実の彼とはうまくいかずに何年も過ぎて」

要は、

「現実の彼」>>>>>>「思い(彼とラブラブ)」

になってますよね。

どっちが、真実?

現実でうまくいってない彼の話、現実が変わってないという話。
これらすべて、「それが真実」になってるゆえの発想ですよね??

でも、潜在意識で願望実現するなら、

「そう思うから、そうなる」ゆえ、
「そう思う」は「自分が、思う」ゆえ、
まずは「思わなければ、(創造は)始まらない」ゆえ、
「思い」を起点にしてくださいと言ってます。

自分の「思い」は、今、この瞬間に、好きなように決められるものです。

過去? 関係ない。
現在? 関係ない。
未来? 関係ない。

何からも縛られずに「思い」を決めていいんですね。

何からも縛られずに「思い」を決めたなら、
もう現実に縛られる必要はないですよね?
せっかく何からも縛られずに「思い」を決めたのに、
わざわざ現実に縛られる必要はないですよね?

それでも、
「でも、現実の彼は冷たくて」
「でも、現実の彼には彼女がいて」
「でも、現実の彼には音信不通にされて」
「でも、現実の彼とはうまくいかずに何年も過ぎて」

って言ってるのって、完全にそれ(現実)を「真実」にしてますよね?
絶対優位が現実ですよね??

「現実の彼」>>>>>>「思い(彼とラブラブ)」

完全に、こう。

潜在意識で願望実現するなら、その現実、今、あなたが現実だと言ってる、その現実を真実にしないことなんですよね。

そうじゃなくて、「思い」の方、彼とラブラブな方を「真実」にしてねと言ってるんです。

それでも、「でも、現実はうまくいってない」と言うのは、
現実の方が圧倒的に優位で、強力で、それを起点にしか物事が展開するのを許さない、すなわち現実を「真実」としている発想なんですね。

思い(彼とラブラブ)を真実にしよう

でも、ずーーーーっと私が言っているのは、

「現実の彼」<<<<<<<<<<「思い(彼とラブラブ)」

「現実の彼」に右往左往されながら翻弄し、現実が変わらないといつまでも嘆いているぐらいなら、いっそ、

「現実の彼」<<<<<<<<<<「思い(彼とラブラブ)」

これでいいじゃないかと思うのです。

だって、「思い(彼とラブラブ)」。これが、真実だから。

現実の彼を真実とすると、現実を起点に物事が進むしかなくなります。
思いの方(彼とラブラブ)を真実とすると、現実のあれこれは気にならなくなります。
だって、どんなに現実のあれこれが自分にとって都合悪かろうが、しったこっちゃない。

なぜなら、自分の真実は、「思い」の方だから。
自分の真実は、彼とラブラブの方だから。

現実を起点にしなくなるということは、現実から縛られなくなります。
必然的に「思い」が真実になり、「思い」の方を大事にしてたら、いつのまにか彼がくっついてくる。これが、潜在意識の願望実現において王道、かつ、基本なんですよね。

どっちを起点にしているかは、自分は本当はわかっています。

思いが、真実。

彼とラブラブが、真実(ホント)
それ以外は、ぜんぶニセモノ(ウソ)

この感覚でいてください。
現実が、現実が、と、現実の方を絶対の真実にしないでください。
「思い」にちゃんといて、ラブラブな私に断固、いてください。

おすすめ記事

-潜在意識で恋愛成就
-, , , , , , , , , ,

Copyright© ほめ♡レン| 恋愛 復縁 潜在意識 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.